最新ニュース

当ホテルの最新ニュースを受け取る

Dusit Smilesがもたらすチェンマイの100の笑顔

チェンマイ – Dusit Internationalはタイ・チェンマイのMaharaj Nakhorn Chiang Mai Hospitalで記者会見を開き、100人の子供たちの口唇裂もしくは口蓋裂の手術のスポンサーになることを明らかにしました。 Operation Smile Thailandと共同で設立したプログラムDusit Smiles経由で支援は行われます。


Dusit Internationalホテルとリゾートのゲストおよびスタッフからの寄付により、これらの手術は可能になりました。 スタッフによる自発的な給与からの控除、各ホテルに置かれた寄付箱、グループが組織するさまざまな資金集めの催しを通じて寄付金は集められました。


2010年に設立されたDusit Smilesは、2011年までに80人近くの子供の手術を支援するのに十分な資金を調達しました。 2012年には、タイ国王の85歳の誕生日をお祝いするため、85件の手術のスポンサーになりました。


Dusit Smilesは今日までに300万バーツ超を調達しています。これらの資金は医療機器のコストや手術を受ける子供たちと家族の移送のコストを賄うのに使用されました。 外科医と看護師、病院スタッフはすべてボランティアです。


Dusit Internationalの最高執行責任者、David Shackletonは「当社はタイ企業であり、コミュニティへの恩返しは義務、そして責任だと感じている」と述べています。 さらに「Operation Smile Thailandはその達成した目標と結果により、支援するべき素晴らしい組織であると言える。子供たちに明るい未来を届けるために彼らと提携するのは当社の喜びだ」としています。


Operation Smile Thailandは1997年以降、顔面変形に苦しむ7000人超の子供を治療してきました。 Children who do not receive reconstructive surgery often have difficulty breathing, drinking, eating and speaking. As a result, many suffer from malnutrition, medical and psychological problems. 再建手術を受けていない子供は呼吸や食事、会話に困難をきたすことが多く、結果的に栄養失調や医療・心理面での問題に直面します。タイでは新生児およそ500人のうち1人に口唇裂もしくは口蓋裂の症例がみられます。しかし、ほんの60分の手術で子供の人生を変えられるのです。