最新ニュース & イベント

プレスリリース

新年をバンコクで祝う

ヤワラート(バンコクのチャインナタウンの公式名)ではチャイニーズニューイヤーを祝って楽しみます。 獅子舞や爆竹そして多くの礼拝者や家族の集まりなどと一緒に、通りには必ずパレードが出ます。 通りの人々をもてなすご馳走も出ます。


バンコクのその他の地域でも、割引や無料占いなどのような特別なプロモーションなどでこの休日を祝います。


バンコクのチャイニーズニューイヤー(旧正月)の伝統


チャイニーズニューイヤーは公休日ではありませんが、バンコクの中国人住民は通常この日を楽しむために仕事を休みます。 大晦日は普通神に祈ったり、先祖に敬意を払うための日です。 また、この日は家族と過ごす日でもあり、家族が集まって大きなご馳走を食べます。 大人は子どもに赤い封筒を渡します。 この封筒はアンパオとして知られるお小遣いです。 元旦は伝統的にみんなの休息の日ですが、多くの人が親戚などを訪問して一緒に休日を祝います。


通りの音


チャイニーズニューイヤーには、これにまつわる数々の言い伝えがあります。 その一つに、ニエンが出るというのがあります。 これは想像の野獣で家屋を破壊します。 ニエンを避けるために、玄関前に食べ物を供え爆竹を鳴らします。 ドアに赤い飾りをすることも、野獣を近づけない助けになります。


この伝説を踏まえて、チャイニーズニューイヤーの祝祭は陽気でダイナミックです。 今では、住宅だけでなく多くの場所で、提灯そしてドアや窓の習字など赤色の飾りをします。 バンコクのチャイナタウンはこの休日を通して、文字通り赤一色に染まります。 アクロバットダンサーや獅子舞など様々な行事が催され、絶対に見逃せません。