ウェディング

当社のニュースはこちら

デュシタニ・マニラの最新ニュース

デュシタニ マニラ、母なる地球を守るリサイクルプロジェクトに全面的取り組み

フィリピン マカティ – 母なる地球を守る取り組みにおいて、デュシタニ マニラは天然資源の節約と環境保護、そして近隣地域の暮らしをサポートするために徹底したゴミ削減プラグラムを全面的に行っています。


リサイクル、再利用、削減


デュシタニ マニラでは使用済みのアルミ缶とペットボトルを毎週集めて、ISLAのリトルシスターズに寄付しています。リトルシスターズはパセイ市の生活センターであり、ジープニーやキーチェーン、ファッションアクセサリや土産用商品をこれらのリサイクル資源から作っています。 また、新聞や雑誌、段ボールも毎週回収し、マザーテレサのマンゴーツリーハウスに届け、そこで美しいバッグや飾りに生まれ変わります。 双方の基金は学校や診療所、図書館を含む小さなコミュニティをサポートしています。


これらの取り組み以外にも、デュシタニ マニラはマカティでビニール袋利用を禁止している市の廃棄物適正管理条例を支えるために、紙袋の使用を始めました。


グリーンな選択肢


また、いくつか例を挙げると、リサイクル材料で作った会議用ノートや鉛筆、地元で栽培されたコーヒー、ミントの代わりに地元で採れたドライフルーツなど環境に配慮した物を用いたエコミーティング・パッケージも促進しています。


デュシットのグリーンアワー


デュシタニ マニラは「デュシット・グリーンアワー」も実行しており、毎月最終土曜日に行われるアースアワーの毎月恒例の企画です。 60分のホテル全館の消灯キャンペーンは2009年6月以来、午後8時30分から午後9時30分まで行われており、これは地球温暖化への継続的取り組みの初歩となっています。 このキャンペーンで母なる地球を守ることがホテルのエネルギーコストの削減にもつながることを試みると共に、ダイニングのすべてのお客様にもこの試みの利点を共有していただいております。利点は毎月最終土曜日のディナーでフードとドリンクの30%割引です。


天然資源を守る


各レストランでは年間を通して世界をよりグリーンに、そしてより良くするための献身的な取り組みを実践しています。 オールデイダイニングのレストランのベイシックスは、グリルする食材がお客様のご注文に応じた分だけ調理され、無駄を省いているサーフステーションとターフステーションを通じ、資源の保護を示しています。 クロマグロやサメヒレのような絶滅危惧種を用いることをやめました。 一方、トスカではエネルギーを節約するためアンプラグトのエンタテイメントを実施しています。


ロイヤルタイレストランのベンジャロンは天然醸造のタイパンダンとレモングラスジュース、精製されていないハーブとスパイスの利用、そしてバナナの葉やスクアッシュ、メロンの皮を器に用いることで水や洗剤の無駄をなくすといった取り組みが自慢です。 また、ウムの寿司バーと炉端焼きカウンターでは食材の無駄をなくすために、注文を受けた分だけ調理することで、最も新鮮な食材を売りにしています。 さらに、ロビーラウンジの地産ランバノグカクテルはサトウキビやココナッツ、米など100%自然の材料を使っていることが特徴です。これにより輸入食材の使用を減らし、二酸化炭素排出量削減に貢献します。


アースチェックの認証


これらすべての取り組みにより、環境努力への称賛と高評価のグローバルな認証であるアースチェックからデュシタニ マニラが銀賞を3度受賞したことは誇りです。 (www.earthcheck.org)


2011年に初めて受賞して以来、母なる地球を守ること重視しながら、デュシタニ マニラはすべてのお客様を総合的な滞在体験に確実にご案内し続けています。