当社のニュースはこちら

デュシタニ・マニラの最新ニュース

デュシタニ・マニラがクリスマスツリー・コンテスト・イヤーIIIの優勝校を表彰

フィリピン・マカティ – 今年のクリスマスツリー・コンテスト・イヤーIIIで優勝したDivine Healer Academyに、デュシタニ・マニラとパートナーのEsquire Financingは、賞金20万ペソを授与しました。 さらに準優勝のMahatma Gandhi International Schoolに賞金10万ペソを、3位のMGC New Life Christian Academyに賞金5万ペソを授与しました。


デュシタニ・マニラは、高く評価されている教育機関をクリスマスのコンテストに招待しました。各校を代表する小学生たちは、クリエーティブで若い心、そして再利用品をもって戦いに臨みました。 コンテストに参加したこの他の小学校は以下のとおり。De La Salle Zobel, Everest Academy Manila, German European School Manila, Miriam College Grade School, Paref Southridge School.


過去の優勝者はMs. Tessa Prieto-Valdesさん (Unity in Diversity, 2010年)とCruzファミリー(The Family Tree, 2011年)。


上位3校の賞金は、各校が選択した以下の慈善団体に寄付されます:


優勝: PUNO NG PANGARAP (Tree of Dreams / Full of Dreams) 制作者 Divine Healer Academy


使用された再利用品: 竹


Puno ng Pangarapは燃えるような赤い色をしたツリーです。子供たちの夢のシンボルカラーです。 ツリーの骨組みを形成する3本の竹竿は学校の支柱を表現したものです—つまり、管理者、教師、そして学校をサポートする後援者です。 骨組みの内外には、竹の枝で作られた星が飾り付けられております。それぞれの星は生徒を表現しております。 「傘がほしい」、「マニラを見る」、「後援者のために健康に過ごす」、「両親を愛し続ける」といった、学校に通う子供たちの望みが込められたクリスマスボールが竹竿から吊り下げられております。 ツリーの一番上にはひときわ大きい星が飾られております。生徒たちのより大きな夢を表現しております。 かなえられた夢は、他者に光をもたらすでしょう。


竹と同じように、学校も時のテストによってしなります。 生徒と教師の精神も同様です。 彼らは希望で満たされています。 彼らは愛で満たされています。 多くの夢を抱いています。 Puno ng Pangarapを通じて、Divine Healer Academyの生徒と教師、管理者らは、学校の運営を継続するため、得られるすべての支援が必要であることに人々が気付いてくれることを願います。 同Academyでは、来年までに生徒数を500人に増やすことを計画しています。 こうしたことから、Divine Healer Academyは自らの受益者になることを選択します。


準優勝: ザ・ギビング・ツリー 制作者 Mahatma Gandhi International School (MGIS)


使用された再利用品: 靴箱、アルミニウムのタブ、ソーダの缶


ザ・ギビング・ツリーは、緑と赤の包装紙でくるまれた靴箱を利用した高さ10フィート、幅6フィートのクリスマス・ツリーです。Primary Years Programme (PYP) の子供たちがデザインしました。三角形のツリーになるように積まれています。 それぞれの靴箱には受益者のための特別ギフトが置かれています。 インターナショナルスクールであるMGISは、キリスト教徒によるクリスマスのコンセプトが普遍的な価値観、つまり愛と施しであることを認識しており、クリスマスツリーのデザインはこれを体現したものです。 MGISのクリスマスは、一年中みられるものであるのです。


受益者: Tahanang Walang Hagdan、およびBarangay Day Care


MGISのツリーはエコフレンドリーです。(ツリーの上から下まで)使用された素材が無駄に捨てられることはありません。 すべての物が価値のある目的に利用されるでしょう。 丸型のベースはテーブルとなり、Barangay Day Careに寄贈される予定です。 アルミニウムのタブとソーダ缶はTahanang Walang Hagdanに寄贈され、杖や車いすの材料として使用されます。


3位: 3T: ツリー、テクノロジー、そしてトルース 制作者 MGC New Life Christian Academy


使用された再利用品: コンパクトディスクと電子機器廃棄物。21世紀のライフスタイルにおいて、速いものはより速いものに取って代わられます。 かなり若い世代でさえも、テクノロジー消費は相当なものになります。 電子機器廃棄物は相当量にのぼり、この処分が社会的問題とみなされております。


ガジェットは発売されては消えていくものかもしれません。しかし、クリスマスの真のメッセージが時代遅れになることは決してありません。 罪人の救済のために十字架にかけられて地上での人生を終えたその新生児の話は、何世紀を経た今日でも真実味があります。 MGC New Lifeはテクノロジーの潮流の乗るよう試みております。しかし、このことが学校の存在理由を変えることは決してありません。 十字架とともにすべてが始まり、そして終わります — これが真実です。 授業中であろうと、正課、もしくは課外活動中であろうと、彼らが行うすべてのことは十字架とその真実に基づいております。


受益者: Center for Community Transformation, Inc. - Visions of Hope


これは社会的発育イニシアチブと福音書ミッションの融合を介して実施されます。 フィリピン全国の都市、および地方の貧しいコミュニティにサービスしております。