当社のニュースはこちら

デュシタニ・マニラの最新ニュース

ムセオ・パンバダがデュシタニ・マニラで‘Art and Objects’を開催

フィリピン・マカティ – ムセオ・パンバタが資金調達イベントの‘Art and Objects’に美術好きの皆様をご招待いたします。‘Art and Objects’は芸術家よって寄贈された作品の販売と競売を行うイベントで、調達された資金はムセオ・パンバタの2012年の希望リストの一部を実現させるべく、ムセオ・パンバタ・ファンデーションにあてられます。


Ben Cabrera, Anita Magsaysay-Ho, Juvenal Sanso, Brenda Fajardo, Araceli Dansの作品や、Ramon Orlinaのガラスの彫刻、Jon and Tessie Pettyjohnの陶器といった‘オブジェクト’が販売されます。


作品の販売と競売は、10月2日にマカティのデュシタニ・ホテルで行われます。 これらの作品はホテルのメザニン階で10月6日まで鑑賞が可能です。また、オンラインでも鑑賞いただけます。以下のURLをクリックしてください。www.museopambata.org/artandobjects.


ムセオ・パンバタは非株式かつ非営利の組織で、プロジェクトの遂行をスポンサーシップ、助成金、自発的な貢献に依存しております。


ムセオ・パンバタのプレジデント、Nina Yusonは「これらのフィリピン人の芸術作品の販売と競売により、われわれの希望の一部を遂行するのに十分な資金を調達できることを望んでいる」と述べました。 展示ルーム1室のリニューアル、子供プレーグラウンドの改修、夏のイベントのための大型アウトドアテントの購入、サウンドシステム、エアコンを装備した部屋の獲得などがムセオ・パンバタの希望に含まれます。


ムセオ・パンバタは2011年にスポンサーシップと助成金により、展示ルーム1室をリニューアルし、助成を受けている子供と大人2万822人を美術館に招き、第2回アジア・チルドレンズ・ミュージアム・コンフェレンスを開催しました。


ムセオ・パンバタ・ファンデーションは非株式かつ非営利の組織で、フィリピンで最初のインタラクティブな子供向けミュージアムを設立しました。 1994年に創設されたムセオ・パンバダは、教育プログラムとインタラクティブな展示で有名になりました。 子供たちへのオルタナティブ教育の提供と福祉の維持にコミットしているムセオ・パンバダはさらに、同組織の美術館、マニラの学校とコミュニティ、さらにはフィリピンの他の都市で、様々なプログラムとアクティビティを遂行してきました。 ムセオ・パンバダの教育プログラムとスペシャルアクティビティは、教育を受ける権利に代表される子供たちの権利、健康、リクリエーション、精神と身体の発達の擁護に主眼を置いたものです。 ムセオ・パンバダは「フィリピンとアジアにおける新たな子供美術館の創設を触発した」との評価を得て、イタリア・ボローニャで2012年3月に開催された第1回Children's Museum AwardでSpecial Commendationを受賞しました。


詳細はこちらまで。電話番号 523-1797, 5231798, 536-0595 電子メールのアドレス info@museopambata.org.