ウェディング

当社のニュースはこちら

デュシタニ・マニラの最新ニュース

Arts & Objects: 目的を持った美術展

(ムセオ・パンバダとデュシタニ・マニラが芸術のための資金を調達)


フィリピン・マカティ – ムセオ・パンバタがデュシタニ・マニラと提携し、アートイベント‘Art and Objects’での資金調達に成功しました。この資金はムセオ・パンバタ・ファンデーションにあてられます。


1週間の展示で、美術の愛好家が資金調達を支援するために絵画を購入しました。調達した資金は、展示ルーム1室のリニューアル、子供プレーグラウンドの改修、夏のイベントのための大型アウトドアテントの購入、サウンドシステムやエアコンを装備した部屋の獲得などのプロジェクトに使用されます。


Ben Cabrera, Anita Magsaysay-Ho, Juvenal Sanso, Brenda Fajardo, Araceli Dansの作品や、Ramon Orlinaのガラスの彫刻、Jon and Tessie Pettyjohnの陶器といった‘オブジェクト’が販売されました。


ムセオ・パンバタ・ファンデーションは非株式かつ非営利の組織で、フィリピンで最初のインタラクティブな子供向けミュージアムを設立しました。 1994年に創設されたムセオ・パンバダは、教育プログラムとインタラクティブな展示で有名になりました。 子供たちへのオルタナティブ教育の提供と福祉の維持にコミットしているムセオ・パンバダはさらに、同組織の美術館、マニラの学校とコミュニティ、さらにはフィリピンの他の都市で、様々なプログラムとアクティビティを遂行してきました。 ムセオ・パンバダの教育プログラムとスペシャルアクティビティは、教育を受ける権利に代表される子供たちの権利、健康、リクリエーション、精神と身体の発達の擁護に主眼を置いたものです。 ムセオ・パンバダは「フィリピンとアジアにおける新たな子供美術館の創設を触発した」との評価を得て、イタリア・ボローニャで2012年3月に開催された第1回Children's Museum AwardでSpecial Commendationを受賞しました。