当社のニュースはこちら

デュシタニ・マニラの最新ニュース

Operation Smileのためにデュシタニ・マニラは微笑みます

フィリピン・マカティ – 口唇裂や口蓋裂、その他の顔面の変形を患う困窮した子供や若い成人に手術や関連したヘルスケアを提供するOperation Smileの創業者夫妻William and Kathleen Mageeをデュシタニ・マニラは支えます。 夫妻は最近、‘The Journey Home’ と銘打った組織の30周年行事の実施に向け、フィリピンに滞在しておりました。‘The Journey Home’の下、国内30カ所で3週にわたり、10のミッションが執り行われる計画です。また、30カ国から1,000人のボランティアがミッションに参加する予定です。


デュシット・インターナショナルが企業の社会的責任(CSR)計画の一環として始めたこの世界的な慈善組織をデュシタニ・マニラは支援しております。 生まれつき顔面に変形がある子供たちに安全で効果的な再建手術を提供するために、医療専門家を動員し、思いやりのある心を結集させる世界的な組織、Operation Smile (www.operationsmile.org)と当社は提携しております。


デュシット・スマイルズにより年を通じて行われる広範なアクティビティを通じ、デュシット・ホテルとすべての関連事業会社は、手術の件数を支えるための資金調達の支援のみならず、トレーニングやミッション訪問、政府との関係、マーケティング、広報などを利用した顧客、パートナー、従業員の間の認識向上に取り組んでおります。


写真はOperation Smile創業者夫妻を歓迎するデュシタニ・マニラのゼネラルマネジャーのPrateek Kumar(左端)とデュシット・インターナショナルの最高執行責任者(COO)のDavid Shackleton(右端)。夫妻のうち、妻のKathleen MageeはOperation Smileの共同創業者兼社長。夫のWilliam Mageeは共同創業者兼経営執行役会長。


Operation Smile(www.operationsmile.org)について


フィリピン発祥の、子供のための国際慈善医療組織Operation Smileは、ホームカミング行事‘The Journey Home’の下、国内9カ所で3週にわたり、10のミッションを執り行う計画です。30カ国から1,000人のボランティアがミッションに参加する予定です。


口唇裂や口蓋裂、その他の顔面の変形を患う困窮した子供や若い成人に手術や関連したヘルスケアを提供する国際慈善医療組織、Operation Smile。創業者であるアメリカ人夫妻、Bill and Kathy Mageeがフィリピンに足を踏み入れてから30年を経た今年、フィリピンに戻ってきます。 すべては夫妻がナガシティでのたった一度の医療ミッションのためにフィリピンを訪れた際に始まりました。 無料の手術を子供に受けさせたいとして、約300の家族がこの医療ミッションに押しかけました。 しかし、夫妻とチームが当日に受け入れることができたのは、わずかに40人の子供でした。 子供に手術を受けさせることができなかった1人の女性が大量のバナナを持って夫妻の下にやってきました。バナナはほかの子供たちを救ってくれたお礼の品だと言ってきかなったそうです。 この強烈な思い出が夫妻の心をつかみ、夫妻はその翌年に再度の医療ミッションを支援すべく動き出しました。 その後は皆様がご存じの通りです。


Operation Smileは今日、80カ国に5,000人を超えるのボランティアのネットワークを持ち、60カ国余りで手術を行っています。 口唇裂や口蓋裂を患う子供や若い成人を対象に、Operation Smileはこれまでに200万人以上に包括的な健康評価を行い、20万人以上に無料の手術を提供してきました。このうち、24,000人余りがフィリピン人です。


母体であるアメリカ・バージニア州ノーフォークに拠点を置くOperation Smile, Inc.のMagee博士は「Operation Smile誕生の着想を与えてくれたフィリピンの皆さんへの感謝は、われわれの義務でもあり喜びでもあります」と話します。m


“The Journey Home”のスケジュールは以下をご覧ください: 10月26-31日 South Cotabato Provincial Hospital, Koronadal; 11月8-18日 Bicol Medical Center, Naga City; Mother Theresa of Calcutta Medical Center, San Fernando, Pampanga; Teresita Jalandoni Memorial Provincial Hospital, Silay City, Negros Occidental; Northern


Mindanao Medical Center, Cagayan de Oro City; 11月22日-12月2日 in Sta. Ana Hospital, Sta. Ana, Manila; De La Salle University Medical Center, Dasmariñas, Cavite; Vicente Sotto Memorial Medical Center, Cebu City; Socsargen County Hospital, General Santos City.


Operation Smileの“The Journey Home”の詳細はこちらまで。電話番号 (632) 811-9737 電子メール info@operationsmile.org.ph.


アメリカ・バージニア州ノーフォークに拠点を置くOperation Smileは子供のための慈善医療組織であり、60カ国余りで手術を行っています。 80カ国余りに5,000人を超えるの医療ボランティアのネットワークを擁しております。 1982年の創設以降、Operation Smileは口唇裂や口蓋裂、その他の顔面の変形、ならびに火傷で苦しむ子供や若い成人を対象に、これまでに200万人以上に包括的な健康評価を行い、20万人以上に無料の手術を提供してきました。 開発途上国において長期的な自律の実現を念頭に、Operation Smileは医療機器を寄贈し、Comprehensive Care Centerを通じた治療を実施し、パートナー国で医者や医療専門家を訓練しています。