最新ニュースおよびイベント

デュシタニ パタヤからの最新ニュースに注意します。

「ヴィサカブーチャ(仏誕節)の日」に寺の修復を支援

2013年5月24日の「ヴィサカブーチャ(仏誕節)の日」に、デュシタニパタヤはパタヤのジッタパワン大学に30万バーツ寄付してこの仏教大学の主要別館を修理するなど、慈善活動を行うという任務に取り組みました。 儀式では、このホテルのChatchawal Supachayanont総支配人が ホテルのスタッフとマネージャー達やタイホテル協会を通じて寄付を行う他の寄付者を率い、寺の敷地内で僧侶と見習い僧侶に長衣と必需品を献呈しました。 40年以上自然による摩耗や破損に耐えたアサナ別館に修復金が寄付され、Supachayanont総支配人は仏教の教えも守られ、宗教センターが本来の美しさに復元されると信じています。


「ヴィサカブーチャ(仏誕節)の日」は、仏教徒にとって最も重要な日の一つです。というのは、お釈迦様の生誕、悟り、逝去という重要な3段階を祝う日だからです。 パタヤ市はこの日を祝う際に、あらゆる職業の人が参加する「歩いて走って瞑想する」というイベントを開催しました。 デュシットタイパタヤのスタッフはこのマラソンに参加して、飲食部門のPaitoon Wilairatが勝ち、トロフィーを持ち帰りました。 走者全員がチャリティにお金も寄付しました。