ウェディング

ホスピタリティ教育

デュシット・ホスピタリティ・マネジメント・スクール

半世紀以上にわたる歴史が築き上げた実績をホスピタリティ教育の現場へ

創設者タンプイン・チャナット・ピヤウイ女史は、1948年に最初のホテルであるプリンスホテルを開業後すぐに、スタッフのホスピタリティ教育の重要性に着目し、「タイがホテルとホスピタリティ業界の世界のリーダーとなるには、スタッフ教育と訓練が最重要課題である」と説いていました。

以来、タンプイン・チャナット・ピヤウイ女史は、タイのホスピタリティ教育に尽力し、1993年にデュシタニカレッジを開校しました。この学校は、ホスピタリティ産業においてタイ教育省から最初に認可を受けたタイ有数の教育機関であり、タイのホスピタリティー教育の現場として注目をあびています。

2009年にはフィリピンのライシーアム大学と教育提携し、デュシタニカレッジのホスピタリティマネージメント教育課程のカリキュラムを、同大学で開講しています。

2007年には、フランス最高級料理学校ル・コルドン・ブルーと事業提携を締結し、ル・コルドン・ブルー・デュシット料理学校を開校しました。

この学校は、東南アジア初となる本格的料理学校で、料理の基礎や知識の短期コースから、一般教養などの本格的ディプロマコースが受講できます。また、デュシタニカレッジでは、ル・コルドン・ブルーと提携した国際学士号であるクリナリーアート&レストランマネージメントの修得が可能です。

デュシタニカレッジ

1993年設立のデュシタニカレッジは、ホスピタリティ産業においてタイ教育省から最初に認可を受けたタイ有数の教育機関です。

デュシタニカレッジの特徴

  • 学生は、国際基準の技能を学び、国際的にも通用する常識を身につけ、専門性を追求し、世界に通用する次代を担うプロとしての素養を身に付けます。
  • 社会に貢献できる豊かなホスピタリティを備えた人材育成を目指しています。
  • 社会人としての道徳・マナーを身に着け、文化や伝統を継承する人材を育て、社会に送り出す機関となることを命としています。
  • 研究および学術発展を推進しています。

デュシタニカレッジでは次の学士号および修士号の取得が可能です:

学士号プログラム(タイ語):

  • B.B.A. in Hotel and Resort Management
  • B.B.A. in Culinary Arts and Kitchen Management
  • B.B.A. in Tourism Management
  • B.B.A. in Spa Management
  • B.B.A. in MICE and Event Management

国際学士号プログラム(英語):

  • B.B.A. in Hotel and Resort Management (With the academic certification of Ecole hôtelière de Lausanne)
  • B.B.A. in Culinary Arts and Restaurant Management (A joint degree with Le Cordon Bleu)

修士号プログラム(タイ語):

  • M.B.A. in Hotel and Restaurant Management

デュシタニカレッジ ウェブサイト
www.dtc.ac.th

ル・コルドン・ブルー・デュシット料理学校

ル・コルドン・ブルー・デュシット料理学校は、フランス最高級料理学校ル・コルドン・ブルーと事業提携により開校した東南アジア初となる本格的料理学校で、デュシタニバンコクの隣に開校しました。ル・コルドン・ブルーと提携した国際ビジネス学士号であるクリナリーアート&レデュシタニカレッジでは、キッチンマネージメントの修得が可能です。

ル・コルドン・ブルー・デュシット調理学校 ウェブサイト
 www.cordonbleudusit.com