目的地
人数
プロモーション
When do you arrive?
Dusit Hero Image
More News Articles

デュシット・インターナショナルがインドに進出;コルカタで施設の戦略的建設とその他インド主要都市でデュシットブランド展開の機会を模索

2020年第2四半期に開業予定のデュシットプリンセス サービススイート コルカタは、Tier(ティア)1Tier 2都市でのデュシットの質を重視した事業拡大や

インド各地での大規模レジャー施設展開への第一歩となります。

タイを本拠地とし、アジアで急成長を遂げるホスピタリティ企業、デュシットインターナショナルがインドへの進出を発表しました。同社は2021年よりデュシットブランドのホテルをムンバイ、デリー、バンガロールなどのTier 1Tier2都市で年間2軒以上開業し、さらにインド全土でも大規模レジャー施設を展開する予定です。

デュシットプリンセス サービススイート コルカタとコルカタで不動産・ホスピタリティ・金融事業を行うJain Groupとのフランチャイズ契約に加え、デュシットはすでに他のオーナー候補となる企業とも交渉を開始しており、次の12か月間でさらに4つ以上の契約を結ぶ予定となっています。 オーナーがその資産価値を最大限に活用することのできる質の高いホテル製品に注力した戦略を基に、デュシットの計画的事業拡大では、美しい宮殿のような場所で、タイに着想を得た優雅なおもてなしと

地元の文化や伝統を融合させることで、ラグジュアリーなホテル体験を創出し、広範囲にわたるコミュニティへの持続可能な価値を提供することを目指しています。

デュシットは、インドですでにその優れたホスピタリティで定評を得ており、デュシット・ホテルズ&リゾーツにとって、インドは世界のトップ7に入る市場です。

70年以上にわたりアジアでホテルリゾートを経営してきたノウハウを持つこのアジアのブランドには、滞在の度に満喫することのできる総合的なロイヤリティプログラムがあり、デュシットのサービスはインドの旅慣れた顧客ニーズを的確に把握し、それに合致するものとなっています。

インドとタイでは、文化や伝統において共通点が多く、デュシットがインドで人気のブランドとなるだけでなく、顧客のニーズを熟知し、様々な顧客エンゲージメントに反映させることのできる企業との提携の機会を求めているインドのホテルオーナーにとってもデュシットのインド進出は魅力的なものとなることでしょう。

インドで急成長を遂げている中流階級は2025年までに5億8300万人またはインドの計画人口の41%に達すると予測されており、デュシットもまた、この成長著しい市場での大・中規模ブランドには大きな可能性があると見込んでいます。

「COVID-19は、世界中の観光・ホスピタリティ業界に難題を投げかけましたが、弊社は忍耐力のある同業界には立ち直る力があると確信しており、今後世界中そして国内での観光のキープレイヤーとしてインドが台頭してゆくことを期待しております」デュシット インターナショナル グループCEO、スパジー・スタンパン氏「Jain Groupがコルカタの地所にデュシットプリンセスをお選びいただいたことを大変に光栄に存じます。弊社は質の高い製品を市場に提供することで、すべての関係者の皆様に長期的な価値を創出していきたいと考えております」

Jain Groupの高級レジデント開発プロジェクトであるドリームワンで、2022年第2 四半期にデュシットプリンセス サービススイート コルカタの開業を予定しています。エコパークの緑豊かなエリアにあり、市街中心地や空港から車でわずか5分、カラクシェトラ メトロ駅からは1分の好立地にあります。

3ベッドルームの客室が42室あるこの新しい施設は、長期間の出張にも観光にも最適です。レクリエーション施設内には、スイミングプール、終日利用可能なレストラン、専門レストラン、フィットネス・ウェルネスセンターが配備される予定です。小~中規模のイベントに利用可能なパーティー会場や会議室も設置予定です。 Jain Group副社長シュラヤンス・ジェイン氏は下記のようにコメントしてます。「COVID-19による新しい日常の中で、インドの旅行者は徹底した安全性、快適性、利便性を提供することのできるブランド

を求めるようになるでしょう。デュシットは、世界中の主要都市で優れた顧客体験を70年以上にわたり提供してきた経験があり、同社が提供する質の高いサービスや製品においてはインドでも定評があります。弊社にはあらゆる面において高い品質を提供するという理念があり、それがデュシットプリンセス サービススイート コルカタでの優れた顧客体験に繋がると確信しています。また、弊社はデュシット社との長期的で良好な関係を築いてゆくことを楽しみにしております」

デュシット・インターナショナルの不動産ポートフォリオは、300以上の地所から成り、13か国で6ブランドを運営しています。デュシットは、ホスピタリティ教育にも非常に貢献しており、国際的な認定を受けたホスピタリティの学校をタイやフィリピンで運営しています。その中には、パリを本拠地とする有名な教育機関と提携したバンコクにあるル・コルドン・ブルー・デュシット料理学校(Le Cordon Bleu Dusit Culinary School)もあります。

ウェルネスはデュシットが注力しているもう1つの分野です。デュシットの受賞歴のあるテワランスパのコンセプトは、幅広い包括的なセラピーを提供することで、デュシットのラグジュアリーで上質な滞在体験の価値を高めます。 インドでのデュシットの責任者はディーピカ・アローラ氏で、南アジアやアフリカ地域におけるデュシットの成長拡大を目指す主力チ ームの一員です。彼女はデリーにあるデュシットオフィスに在籍しています。