All restaurants

タ・ドゥイ・ダット シェフ – 中国料理キッチンシェフ

タ・ドゥイ・ダット シェフはベトナム出身です。アジア料理、特に中国料理における15年の経験を有しています。彼は、ハノイの近くにある田舎の街で育ちました。 彼が子供の頃、父は新鮮な食材を用いた美味しい料理を作っており、その時にシェフになろうという夢を持ち始めました。

ベトナムやドバイで働いた経験と彼の大胆な想像力を料理に融合させることで、タ・ドゥイ・ダット シェフはタオレストラン(カイロ)で働く道を切り開きました。そして、世界的にも有名なタオレストランの中国料理(キッチン)のスーシェフになるという夢を叶えたのです。

タオレストランでは、タ・ドゥイ・ダット シェフの知識と情熱が料理で表現されています。

 

アピナン・コングシタ – 日本料理シェフ

タイの北東にある美しいウドーンターニー出身のアピナン・コングシタシェフは、料理への情熱と共に育ちました。若い頃、彼はバンコクで運命の料理の旅をスタートする機会を得ました。日本人の熟練した職人の下で寿司の芸術を学んだのです。

彼の国際的な料理の探求が始まり、1996年にレバノンに移住し、レバノン初の寿司シェフの一人となりました。
それから、アブダビやエジプトでも料理の才能を披露し、他にはない寿司を創作する職人として、長年料理の腕を磨きました。

ウドーンターニーやデュシタニ レイクビュー カイロで3年働いた経験から、コングシタは、ためらうことなくタオは我が家の様な場所だと語ることができます。

「幸せなら、一日のいつでも働くことができます。」
コングシタシェフ

アブハイ・カラ – インド料理シェフ

アブハイシェフは、インド北部にあるデヘラードゥーンの小さな街に住む軍人一家の一員として生まれ育ちました。過去20年間はインドや海外にあるハイアットやマリオットなどの有名チェーンに勤めていました。彼は日々の仕事に多くのエッセンスと情熱を注ぎ込みます。彼の両親が不在の間、祖母から料理を教わったのが彼の料理における最初の経験です。それ以来、彼は料理への情熱を強めていきました。

シェフはタオにてインド料理キッチンをオープンし、彼の有名で本格的なフレーバーをお楽しみいただける料理を披露しています。 彼の得意料理はタンドリー、インドの「ナワビ」、「ダム」です。

ペラポン・ジャンパン – タイ料理シェフ

ペラポンシェフはタイ北部チェンマイの山合いの街に生まれ、先祖代々伝わる昔ながらの心温まる料理を作ってくれていた亡き祖母の調理法に惚れ込み、タイ料理に対する情熱を強めていきました。シェフは伝統的なタイ料理における27年の経験を有しています。彼はシェラトン、ラディソンブル、グランドロタナ、フェアモント、デュシット ドバイなどの国際的なホテルチェーンにて働き、最後はデュシタニ レイクビュー カイロにたどり着きました。そこで、シェフの熟練された経験が、ホテルの料理部門が賞をいただくという成功に貢献しています。彼の知識、創造力とイマジネーションによって、忙しい中でさえも、キッチンに生き生きとした雰囲気を醸し出します。

  • 営業時間:
    土曜日から水曜日の13:00から01:00まで
    木曜日と金曜日の13:00から03:00まで(01:00から03:00までのバーサービスのみ)
  • ロケーション:本館
  • ドレスコード:スマートカジュアル

ご予約:+20 2 26140080 Eメール:dtlcfbreservations@dusit.com